坐骨神経痛イメージ画像

今思えば坐骨神経痛(座骨神経痛)程、圧倒的に改善し喜び、また痛みが再発し悩んだ疾患はなかったでしょう。坐骨神経痛(座骨神経痛)で歩けない程の痛みを抱えている方は、ぎっくり腰などとは違いかなり慢性化しています。慢性化している分、少しの骨格のゆがみでも痛みがでてしまいます。したがってどうしても整体で痛みが消えたとしてもその後の患者さん自身の日常の過ごし方が悪ければ痛みが再発してしまいます。

そこで今回は、坐骨神経痛(座骨神経痛)の原因や対処法と自分でできるセルフ整体をご紹介いたします。これで自分の体のゆがみを自分で治せるようになります。

スポンサードリンク

坐骨神経痛(座骨神経痛)とは?

背骨から足に伸びている坐骨神経(座骨神経)が何らかの原因で圧迫や刺激を受け痛みがでるものが坐骨神経痛(座骨神経痛)と呼ばれています。ちなみにこれは病名ではなく腰痛などと同等の症状名です。

重症の場合は、歩行困難や痛みで仕事に行けないような場合もあります。

坐骨神経痛(座骨神経痛)の症状

代表的な症状です。以下の症状があるからといって必ずしも坐骨神経痛(座骨神経痛)ではありません。正確に診断をして欲しい場合は医療機関を受診しましょう。

軽度

・お尻から足の後ろ側にかけて軽いひきつれ、重だるさ、雨天時は、軽い痛み、痺れ、灼熱感、冷感

・腰痛かな?と思う程度の腰痛

中度

・お尻から足の後ろ側にかけて軽い痛み、痺れがほぼ毎日でてくる。雨天時は、かなり辛い

・腰痛がかなり辛くなる

・立ち仕事ができないことないが辛い

重度

・お尻から足の後ろ側にかけて痺れを超えて激痛

・痛みのため腰痛があったかどうかもわからなくなる

・立ち仕事、座り仕事共に継続できない

・歩行困難

・寝ていても痛む

坐骨神経痛(座骨神経痛)の原因

腰椎椎間板ヘルニア

背骨の骨(椎体)の間には、ゼリー状の髄核がありますが、これが何らかの原因で飛び出し坐骨神経痛(座骨神経痛)を刺激する場合があります。特に腰の部分が椎間板ヘルニアになると坐骨神経痛(座骨神経痛)の原因となります。

整体的見解

整体において、西洋医学的診断名は意味を成しません。どのような症状であろうが、骨格のゆがみを正常化し、すじや筋肉を正常化します。

腰椎椎間板ヘルニアと診断されている方は、全身が捻じり鉢巻きのように捻じれています。それらを正せば飛び出た髄核は元に戻ります。なぜ髄核が飛び出しているのか?を考えるのが整体です。

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症ともいいますが、腰の部分の背骨が老化や悪い姿勢などにより、押しつぶされ神経根や馬尾を刺激してしまい、歩行困難や痛み、痺れがでます。高齢者に多いのが特徴です。

整体的見解

脊柱管狭窄症の方は、背骨の前後のゆがみ、捻じれのゆがみ、横にスライドのゆがみが混在しています。建物が倒壊するとき回転しながら倒壊しますが、同じことが高齢者の背骨でより複雑に絡み合って症状がでています。整体では、その絡みを一つ一つ取り除いていきます。

梨状筋症候群

お尻の筋肉を斜めに横断している梨状筋という筋肉が固くなり坐骨神経(座骨神経)を圧迫し痛み、痺れなどを引き起こす場合があります。

整体的見解

骨盤、仙骨、尾骨、恥骨を全てきれいに整えれば単純なものであれば改善します。それでも改善しない場合は、膝や足首などのゆがみの影響を受けていますので、それも合わせ整体が必要です。

内臓疾患、腫瘍など

腫瘍などの出来物が神経を圧迫したり、内臓疾患により内臓自体が肥大したりすると神経を圧迫することがあります。これは整体の範疇でありませんので、ご心配であれば、医療機関の受診をお勧めします。

妊娠、出産、産後

妊娠、出産、産後の共通点は大きく骨盤が開くことです。ただ骨盤が開くだけであれば、人間は症状が出ないようにできていますが、これに捻じれやゆがみが元々加わっていると話が別です。後は、個人の体質、筋肉の質、柔軟性によっても違いますが、坐骨神経痛(座骨神経痛)のきっかけになります。

整体では、全身状態を整えた上で骨盤を軽く締め出産前の状態に戻していきます。

まれに、元々の坐骨神経痛(座骨神経痛)が妊娠、出産を機に治ったという方もおられます。うまい具合に骨盤が収まった例です。

日常の癖、姿勢、歩き方

これは整体の考え方です。しかし、ここまでご紹介した、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群はいきなりある日突然なるのではなく、それまでの日常の癖の積み重ね、姿勢、歩き方で少しずつゆがんだ骨格が引き起こします。

昔の人はさかんに姿勢や癖などを口うるさく注意していました。しかし、現代では見受けられることも少なくなりました。その結果、昔よりも治りづらい病状が増えているのです。

坐骨神経痛(座骨神経痛)の方が日常で気を付けるべき事

女性の坐骨神経痛(座骨神経痛)の方はミリの骨格のゆがみで症状が出るようになってしまっています。体に余裕が全然ありません。以下の事には最新の注意を払ってください。

日常の癖

腰を捻るような横寝、片足荷重、バック片掛け、足組み、ソファーにダラーと座る、体育座り、あひる座り、女の子座りなどの日常の癖ですが、はっきり言いますと注意しても聞きません。

自分にどんな癖があるのかもしらないのです。まずは、自分自身の癖を洗いざらい見直して書き出す所から始めましょう。

仙骨、尾骨は立てる

本来、仙骨、尾骨は、お尻に敷いてはいけません。しっかりと立っていなければならないのですが、ソファーなどの普及により、どうしても座る角度が浅くなり仙骨、尾骨に荷重がかかります。

背骨の終末の仙骨、尾骨がゆがむと頭蓋骨まで影響を及ぼします。猫背でもいいので、仙骨、尾骨はしっかりと立てましょう。

坐骨神経痛(座骨神経痛)のリハビリの実際

坐骨神経痛(座骨神経痛)の場合は、ストレッチ、筋力増加の運動療法、血管を拡張する温熱療法、電気で神経の働きを抑える電気刺激療法がメインになります。

整体リハビリ

整体では、基本的には、全身の骨格を調整し、その場で痛みを取り除きます。しかし、慢性的な坐骨神経痛(座骨神経痛)の場合は、ちょっとしたゆがみで痛みが出てきますので、その都度、整体を行っていきます。通常のリハビリのようなことは一切行いません。

坐骨神経痛(座骨神経痛)の整体

私のやっていた方法は、歩けなくてもうつ伏せにはなれますので、うつ伏せにし、仙骨、尾骨、背骨を綿密に調整していきます。そこで一度立たせ、痛みが残っているようであれば、他の手足の関節を調整していきます。

とにかく痛みを追いかけ痛みがなくなるまでやります。そうでないと坐骨神経痛(座骨神経痛)がぶり返してしまうからです。痛みがなくなったら様子を見てもらい次の機会に改めて全身の骨格のゆがみ状態を見ます。それの繰り返しです。

私が推奨している整体師も同様のやり方です。

坐骨神経痛(座骨神経痛)

ツボ押し療法

1か所につき30秒~60秒程度気持ち位程度で刺激します。ツボの位置がわからなければ手の平でツボを覆い優しく刺激します。

陽池

薬指の外側の延長線上の手首のしわ付近です。この1穴で骨盤の歪みが矯正されます。

坐骨神経痛 ツボ

曲泉

坐骨神経痛の場合、妊婦や産後でない場合でも骨盤が開いている場合があります。曲泉1穴で骨盤の開きが矯正されます。ツボは、膝を曲げた時にできるしわの内側の辺りにあります。

肝経 ツボ

崑崙

外側くるぶしのすぐ後方にあります。この1穴で足から背中側にかけての固さが取れます。

坐骨神経痛 ツボ

出典:ツボ単

総括

坐骨神経痛(座骨神経痛)の痛みは周りが思っている以上に辛く歩行困難にもなるのですが、周りがどうしても受け入れてくれません。見た目には全く異常がないからです。

しかし、本人は、気を病む程辛く、回復したいのに何をやっていいのかわからない状態が続きます。その時に頼りになる整体師がいればよいのですが、詐欺的な整体師に引っかかると依存してしまい治らないのにお金だけ払う羽目になります。

そうならないためにもまず坐骨神経痛(座骨神経痛)は治るということをしっかりと認識し、自分の体だから自分で何とかしてみよう!と頑張ることも重要です。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク