ランナー膝イメージ画像

昨今のランニングブームで増えてきているのが、ランナー膝・ランニングニーと呼ばれる腸脛靭帯炎です。腿の外側にある腸脛靭帯と呼ばれる部分の膝に近い所が痛む症状で、繰り返し足を使うランニング、エアロビクス、バレエ、自転車競技に多いのが特徴です。

病院にいっても安静にするか湿布程度の治療しかされずスポーツをする人にとっては悩みの種だと思います。そこで今回は、その場で解消してしまう腸脛靭帯炎のセルフ整体をご紹介します。これを普段からやれば腸脛靭帯炎って何だっけ?というレベルになれるはずです。

スポンサードリンク

ランナー膝・ランニングニーとは?

正式名称は腸脛靱帯炎といい、ランニングによって好発する代表的な疾患です。

膝を伸ばしたり曲げたりを繰り返すことによって腿の外側にある腸脛靱帯が膝近くの腿の骨の出っ張り(大腿骨外顆)と擦れあい炎症を起こし、痛みを発生させます。

足の曲げ伸ばしで膝の外側に痛みが出たりする他、指で押しても痛みが走るのが特徴です。膝を伸ばす瞬間(階段を上る瞬間、地面を蹴る瞬間)に痛みが走る場合が多いです。

ランナー膝・ランニングニーの症状

代表的な症状です。以下の症状があるからといって必ずしも腸脛靭帯炎ではありません。正確に診断をして欲しい場合は医療機関を受診しましょう。

初期

・膝の外側のツッパリ感、熱感

・ランニングなどの時少し痛むが少し休むと回復する

後期

・痛みが強くなり熱感がある

・少し休んでも痛みが回復しなくなる

・痛みでランニングが出来ない

見極め方

1、膝を90度に曲げ膝の外側を指で押さえます

2、そのまま徐々に膝を伸ばします

痛みが増えてくると腸脛靭帯炎の可能性があります。ただ詳しい鑑別は医療機関を受診してください。

ランナー膝・ランニングニーの原因

西洋医学では、とにかく使い過ぎとの判断くらいしかされませんが、整体の見解は違います。

膝の捻じれ

膝が捻じれると腸脛靭帯も当然捻じれます。捻じれれば一方は固く、一方は柔らかくなりアンバランスが生じています。その状態でランニングをすればどうなるかは明白です。

膝の横スライド

膝の関節が横にスライドすると関節が外れないように腸脛靭帯などがギュッと固くなります。原因を取り除かないまま走ってしまうと・・・お分かりですね?

全身の姿勢

これはどの疾患にも言えることですが、例えば猫背の状態で走ってみてください。足に負担が増えることがすぐわかると思います。上半身の力が抜けていれば当然下半身に負担がかかるのは当然であり、これらを修正しなければまた腸脛靭帯炎になってしまいます。

ランナー膝・ランニングニーの方が日常で気を付けるべき事

当たり前のことですが、トップアスリートはその当たり前のことに最新の注意を払っていることをご存じでしょうか?スポーツというのはそれ程体に負担がかかるものなのです。

日常の癖

足組み、女の子座り、アヒル座り、片足荷重はアウトです。腸脛靭帯炎だけでなく中高年の膝の痛みの原因の8割はこれです。

スポーツ時の姿勢

スポーツフォームの言及については、各専門家に任せますが、単純に猫背を治すだけでも効果があります。スポーツ時の姿勢を友人に見てもらってください。キレイなフォームでしょうか?効率的な体の使い方をするとキレイなフォームになります。

機能美です。上半身が機能することで膝への負担は極端に減ります。

ランナー膝・ランニングニーの整体

膝の場合でも、必ず全身調整はやります。膝が捻じれたり、スライドしたりすれば0.1ミリのズレは全身に波及するからです。その上で、特に、股関節、膝、足首、踵、指先のラインは徹底的にやります。女性の場合は骨盤の開きなども関係してきます。

それらを全て取り除いたとき腸脛靭帯の固さが取れます。その結果炎症も消え、痛みもその場で消えます。

私が推奨している整体師も同様のやり方です。膝だけには捉われません。

ランナー膝・ランニングニーのセルフ整体

ツボ療法

1か所につき30~60秒程度気持ちいいぐらいで刺激します。ツボの位置がわかりづらい場合は、手の平でツボを覆って刺激しても効果があります。

曲池

人差し指の延長線上の肘のしわ部分で押すと痛みがあります。東洋医学的には炎症は免疫低下が原因で起こります。

ドケルバン病 ツボ

三陰交

内側くるぶしから指4本分くらい上です。炎症を抑える働きがあります。

ドケルバン病 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りになります。筋肉、靭帯のツボです。

骨盤矯正 ツボ

 

総括

痛みでスポーツが出来ないということは周りが思っている以上に本人は悩み苦しみます。そうならないためにもまずは日頃の予防を徹底してください。当り前の簡単なことです。

腸脛靭帯炎痛みが出てしまった方は、今回ご紹介したことをやれば痛みはかなり楽になるはずです。それを継続すれば必ず改善します。毎日やることより継続が重要です。

再発しやすい症状でもありますので、痛みが消えても予防のために続ければ全身状態が改善されスポーツパフォーマンスも当り前にアップします。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク