恥骨結合離開 イメージ

産後の方で最近特に多いのが、恥骨結合離開(恥骨離開)と診断される方です。恥骨結合離開(恥骨離開)になるとまともに歩けない、動けない、寝返りが打てない、激痛が走ると散々な目にあいます。

しかし、お医者さんが何とかしてくれるかというとそうではなく、特に対処法がなく数か月、ひどい場合は1年以上回復に時間がかかる場合があります。骨盤ベルトなどもありますが、しないよりはマシ程度の効果で終わってしまうことも少なくないようです。

そこで今回は、産後の方にとってもご家族の方にとっても一大事の恥骨結合離開(恥骨離開)の原因とセルフ整体をご紹介します。

スポンサードリンク

恥骨結合離開(恥骨離開)とは?

膀胱の下の方にある恥骨という骨のど真ん中に恥骨結合という左右の骨盤を繋いでいるつなぎ目があります。実際触るとわかりやすいとおもいますが、この部分が出産などにより離開してしまうことを恥骨結合離開(恥骨離開)といいます。骨盤輪不安定症と混同されやすい症状でもあります。

恥骨結合離開(恥骨離開)の症状

あくまで代表的な症状であり、必ずしも恥骨結合離開(恥骨離開)ではありません。診断はレントゲンを取って医師にお任せしましょう。

前に歩けず後ろ向きにしか歩けない

後ろ向きに歩くということは、お尻の筋肉が自然に締まります。そうすると骨盤は締まる方向にいきますので、後ろ向きには歩けるわけです。

立ち上がり、起き上がりの痛み

立ち上がり、起き上がりの時は、最も筋肉の力を使う瞬間です。その時に骨格も複雑な動きをしますので、骨盤自体が動き痛みがでます。

寝返りできない

寝ている時はダイレクトに骨盤が床についていますので、動く瞬間に骨盤も動き痛みがでます。

階段の上り下りができない

階段の場合は歩くよりも更に足を上げなければならず骨盤の動きが激しいので痛みがでます。

恥骨ではなく他の部分に少しでも触れられても激痛

恥骨結合離開の方は重症で10ミリ以上広がります。これはすごいことで人間の体が歪んだとしてもほんの数ミリ単位でしか歪みません。それが10ミリ開いているわけですから、体全体に影響を及ぼします。そのため神経も過敏になるので触れただけでも痛みが走るようになります。

恥骨結合離開(恥骨離開)の原因

西洋医学では、出産時の巨大児や、骨盤の狭さを理由にしていますが、かなりの巨大児を出産した方でも恥骨結合離開(恥骨離開)とは無縁の方はたくさんいます。つまり、原因がそれだけではないのです。

整体的見解では、恥骨結合離開(恥骨離開)の患者さんの多くが、産前から体の歪みがひどい方が多く、かかりつけの整体師がいる方が多いのです。つまり、産前から体の歪み、骨盤の捻じれ、歪みなどがあり、出産によって、真横に開く力がかかった時恥骨が離開してしまうと考えています。

特に体の捻じれがあるとなりやすいと考えています。ゴムなどは、ただ引っ張っただけではちぎれませんが、捻じってちぎると容易にちぎれてしまいます。それと同じことです。

恥骨結合離開(恥骨離開)の治療

病院での治療法はありません。レントゲンを撮り診断すれば、後は、安静や骨盤ベルトに頼るのみとなります。

恥骨結合離開(恥骨離開)の整体

整体では、触れるだけで痛い方が多いので、痛みが出ない範囲で末端から徐々に調整していきます。それで徐々に骨を動かし、筋肉を柔らかくし少しずつ恥骨結合に迫っていきます。最終的に触れるようになったら、骨盤の歪みを整えた上で、骨盤を締めていきます。

更に寝た状態で良くなってきても立つと痛みが走ります。そこで立ったまま骨盤などを調整して痛みを緩和していきます。

基本的には、痛みが出ない、出ずらい体勢で行います。整体はどんな体勢でも出来るのが強みです。

恥骨結合離開(恥骨離開)の日常生活の注意

当り前のことですが、これを注意するだけでも骨盤の状態は変わります。

安静を心がけつつ動かせる所は動かす

痛みがあるというこは休めというサインです。家事が出来ない、家族に迷惑をかけるなどの悩み事はあるかと思いますが、動けないのであればまずは動かないことが大事です。

そして、動かせる所は痛みのない範囲で動かすことが重要になってきます。詳細は恥骨結合離開(恥骨離開)の対処法で紹介しております。

楽な体勢でいるようにする

無理に姿勢をキレイにする必要はありません。楽な体勢があればその体勢が最適という証拠です。

思い悩まない

悩むと筋肉は硬直します。恥骨結合離開(恥骨離開)は周りから理解されずらいので、色々言われると思いますが、思い悩まず自分の体を会話してください。恥骨結合離開(恥骨離開)は必ず改善する症状です。

恥骨結合離開(恥骨離開)に骨盤ベルトは有効か?

私は、有効だと考えています。しかし、骨盤ベルトは骨盤を締めることはできますが、骨盤の捻じれ、歪みを治すことはできません。あくまで補助的に使用すれば弊害はないと考えられます。

恥骨結合離開(恥骨離開)に対処できるセルフ整体

足の親指回し

恥骨付近は東洋医学でいう肝経が通る場所であり、恥骨の奥にある子宮は肝と関連があります。

また、肝-筋肉は関係があり出産時に筋肉を傷めていますので、必然的に肝経が固くなり恥骨結合離開を助長してしまいます。

足の親指を優しく回してあげることで肝経が緩んでその場で痛みが楽になるはずです。

重要なのは優しく、ゆっくりですのでお試しください。

動かせる所を動かす

特に、指などの末端部分は恥骨結合離開(恥骨離開)の方でも動かせます。痛みが出ない範囲でどんどん動かしていきましょう。

恥骨結合離開(恥骨離開)は本当に動けません。寝たきりの状態ですので、筋肉が活動できず血液、リンパが滞留してしまいます。そうなると筋肉のバランスが崩れ骨格に影響を与えます。

末端まで血液、リンパが通ればその途中の部分は流れている証拠ですので、とにかく末端部分を動かしましょう。

深呼吸を活用する

深呼吸で筋肉は固くなったり、柔かくなったりポンプ作用を繰り返します。ポンプ作用が上手く働いていれば筋肉は良い状態が保たれますので、血液、リンパの流れもスムーズで自己治癒力もアップします。

1.息を思いっきり吸う。(複式呼吸、胸式呼吸などは一切意識しなくて構いません)

2.吸えなくなったところから更に息を吸おうと努力する(胸がつかえ若干痛くなるような感じになるかもしれません)

3.一気にブハァと吐き出す

これを数回、もしくは1回でも十分効果があります。吸った時に恥骨結合に痛みが出るかもしれませんがその時は呼吸を少し浅くしてください。

恥骨結合離開(恥骨離開)改善後の日常生活の注意

恥骨結合離開(恥骨離開)の患者さんは痛みが良くなってくると整体を卒業されていきます。それは喜ばしいことなのですが、恥骨結合離開(恥骨離開)は出産前の生活の仕方に原因があります。そこで以下のことに注意していください。たった一つだけです。

日常の癖

・女の子座り、アヒル座り、足組み、片足荷重、仙骨を敷いた座り方(柔かいソファーに座った状態、体育座り)など

女性は男性よりも筋肉が柔軟ですが、筋力量が少なく骨格が歪みやすい構造になっています。それを理解した上で、日常の癖だけは注意してください。

総括

恥骨結合離開(恥骨離開)は本人にとっては辛いのですが、周りの理解を得られづらいので悩ましい症状でもあります。あまりに長引く症状に改善しないのではないかと涙する方もたくさんいます。

恥骨結合離開(恥骨離開)は必ず改善します。しかし、肉離れのような怪我と同類ですので、時間は多少かかります。今回ご紹介したセルフ整体を実践してください。必ず良い効果が期待できます。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク