テニス肘

テニス肘は正式名称上腕骨外側上顆炎といいテニスプレーヤーに多い症状でもあります。昨今の錦織選手の活躍で幼い頃からテニスをさせる家庭も増えてきています。そんな時気になるがテニス肘ですが、適正な対処を知っていれば予防もできますし、痛みが出たとしても問題ありません。

そこで今回は、テニス選手に多いテニス肘の原因とセルフ整体をご紹介しますので、お子さんと一緒になってご理解頂けると幸いです。

スポンサードリンク

テニス肘とは?

正式名称上腕骨外側上顆炎といい、肘の外側が炎症、痛む症状です。テニス肘という名前ですが、テニス選手だけでなく通常の主婦や事務作業の方にもみられるのが特徴です。

テニス肘の症状

骨折や他の原因のこともありますので、まずは、医療機関の受診をお勧めします。

・物を持ち上げる動作で痛い

・雑巾を絞るように肘を捻じると痛い

・夜もズキズキ肘が痛む

テニス肘の原因

日常の癖

特に片肘をついたり、肘枕などで肘が捻じれ痛みがでます。更にゴルフ、テニスなどのスイングのフォームで肘に負担をかけるフォームだと肘が捻じれて痛みがでます。

瞬間的衝撃

テニスのストロークの後の脱力時に肘は内側に向かいます。この時肘の骨(尺骨、橈骨)上腕骨は、外側に外れようとしてしまいます。それを筋肉や靭帯、腱が支えているのですが、これが繰り返されると肘上部の骨がズレ炎症をおこします。

肋骨の捻じれ

脊柱側弯症の方で肘の可動域が極端に狭い方がいます。肋骨、背骨の捻じれが長引いて肘に影響を与えた結果です。中々気づかれない部分ですが、人間の体は繋がっている証拠です。

テニス肘の見極め方

あくまで目安程度に参考にしてください。

トムセンテスト

1 肘を伸ばす

2 第3者に手の甲に抵抗を加えてもらう

3 手首を反らす方向に力を入れる

中指伸展テスト

1 肘から指まで伸ばす

2 第3者に中指に抵抗を加えてもらう

3 抵抗に負けないように力を入れる

チェアテスト

1 片手で掴める重めの物を用意する。イスでもよい

2 肘を伸ばしまま持ち上げる

これら全てのテストで痛みがでるとテニス肘の可能性があります。

テニス肘の整体

肘の触れるのは一番最後でまずは、全身調整を行います。その後に、肘を細かく調整していきます。更に骨格だけでなく、筋膜、スジも同時に調整していきます。炎症などは、骨格を調整すれば消えますが、テニス肘は再発しやすいものなので、徹底した再発予防も行います。

テニス肘セルフ整体

曲池

肘を曲げた時にしわができる部分ですが、ツボの位置よりも固い部分、痛い部分を目安にして気持ちいい程度で刺激しましょう。テニス肘は組織の損傷もあるので回復を促す免疫のツボになります。

野球肘 ツボ

陽陵泉

足の膝の外側にある出っ張りのすぐ下辺りにあります。靭帯や筋肉のツボでテニス肘には必須となります。

野球肘 ツボ

三陰交

テニス肘は炎症も併発していますので、内側くるぶしから指4本分程度上にある骨際を押します。肘に熱感がある場合は熱感が消えていくはずです。

この3つのツボを30秒~1分刺激し毎日続けるようにしましょう。上手くいけばその場で痛みが軽くなりますし軽くならなくても継続することで必ず効果がでてきます。

 

総括

テニス肘は普段からの日常の癖に注意していれば大抵は防げます。しかし、既にテニス肘になってしまった場合でも対処法はたくさんありますので、今回のセルフ整体を試してみてください。

もちろん、テニス肘の予防やテニスのパフォーマンスアップにも使える万能のセルフ整体ですので、普段から使ってみてください。

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いに存じます。拝

スポンサードリンク