近年のトレーニングブームやランニングブームでしきりに猫背や反り腰などの姿勢が注目が浴びるようになりました。整体の視点から見れば姿勢改善は非常に簡単な部類に入るのですが、日常の毎日のことですので、当然、姿勢は崩れてきてしまいます。したがって姿勢改善で行う姿勢矯正は毎日行うべきものなのです。

今回は、1日3分で即効性のある姿勢矯正をセルフ整体で行う方法ご紹介致します。猫背や反り腰などの姿勢改善が実現すればスポーツパフォーマンスもアップしますし、何気ない姿勢に自信が満ち溢れ人生が豊かになること請け合いです。

スポンサードリンク

姿勢はなぜ悪くなるのか?

姿勢が悪くなる原因は、あなたも知っているような当たり前の事の積み重ねでなってしまいます。塵も積もれば山となるですが、改めて再確認しておきましょう。

筋肉バランスが崩れる

姿勢が悪くなる原因として、同じ姿勢が続き筋肉のバランスが崩れ、それに伴い骨格のゆがみが発生してしまうことが挙げられます。同じスポーツばかりやっていても筋肉バランスが崩れてしまいます。

生活環境

心と体は繋がっています。ストレスや神経質な環境だと人間は、縮こまってしまうため、姿勢もそれに伴い悪くなってしまいます。病人などで姿勢がシャキッとしている方がいないことを考えるとご納得頂けるはずです。

スマホ、携帯、テレビなど

一昔前は、大きなテレビを見るときでも一定の距離を置いて見なさい。とよく注意されたものでしたが、機器の進化に伴いスマホや携帯などのように画面が小さくなり、どうしても前かがみになって見ることが多くなり、姿勢の悪さの低年齢化に繋がっています。

整体にいって姿勢が良くなってもなぜすぐ戻ってしまうのか?

姿勢矯正専門の整体にいって姿勢改善し感動したのに次の日には元に戻ってしまっていた・・・という経験は多くの方がされているはずです。これは整体院の問題ではなく人間の機能の問題です。少し詳しく解説していきましょう。

筋肉は一瞬の崩れた姿勢を記憶する

例えば、

「あー疲れたー」

一瞬背筋が丸くなります。この瞬間にもうすでに筋肉はどこにどれくらいの負荷がかかっているのかを把握し記憶します。それに伴い筋肉に付着している骨格はミリ単位でゆがんでしまいます。人間の体はそれ程、繊細にできています。つまり整体院での姿勢矯正の効果を永続的に維持したければ、姿勢矯正したまま木のように一切動かないようにしなければなりません。

脳が悪い姿勢を楽だと認識している

「人間は動くんだからそんなの姿勢矯正の意味ないじゃないか!」

そう思われるかもしれません。ここで考えなければならないのは、なぜ悪い姿勢があなたの体に定着してしまっているかということです。日常生活の積み重ねで悪い姿勢が楽になってしまっているはずです。それを整体でいくら姿勢矯正しようとも脳自体が矯正した姿勢を受け入れるまでには、時間がかかります。

例えば、夏の暑い日を想像してください。37度の蒸し暑い夏。あなたは、お風呂に入ろうとします。お風呂の温度は40度。湯船に5分頑張って浸かりました。外に出た瞬間どうなると思いますか?きっと涼しいと思うはずです。たかが5分で、脳は、37度の蒸し暑い夏を涼しいと感じてしまうのです。そして、元の蒸し暑い夏を感じるまでは、2~3分はかかるでしょう。もっとかかるかもしれません。

姿勢も原理はこれと一緒なのです。数年かかって築きあげた悪い姿勢はやはり、数年かかって元に戻していかないと脳は本当の良い姿勢を楽だとは認識してくれません。良い姿勢が楽だと脳が認識してくれれば、いくら動いたり、多少変な姿勢をした所で、悪い姿勢になることは無くなります。

姿勢が悪いことによって起こる弊害

肺活量低下

猫背でも反り腰でも肋骨が押しつぶされますので、肺が膨らみきらず日常の呼吸がどんどん浅くなりますので、肺活量は小さくなります。試しに、猫背の時に深呼吸、反り腰の時に深呼吸をしてみてください。呼吸がしづらいはずです。

大食い

姿勢を良くすると胃は適正にピンと張りますので、それ程大食いはできません。逆に猫背のようになると胃はダルダルになるので、通常の量よりも多く食べることができてしまいます。試しにお腹いっぱいになるまで食べてみてください。姿勢を維持できなくてびっくりするはずです。

内臓機能低下

猫背、反り腰ともに内臓を押しつぶしたり、極端に伸ばしたりしてしまうため、内臓機能は低下してしまいます。

自律神経の異常

姿勢の悪さは筋肉のアンバランスであることは、前述いたしましたが、筋肉のアンバランスが続くと当然筋肉は固くなる部分、柔らかくなる部分と出てきます。こうなると自律神経などを圧迫したりしてしまいますので、交感神経優位になったり、副交感神経が優位になったりしてしまいます。

メンタルの異常

自律神経の異常とも重なりますが、こういう実験結果があります。ずっと下を向いていると人間は、落ち込んでいなくても、気分が落ち込むホルモンが分泌されやすく、逆に上を向いていると気分がいいわけでもないので、気分がよくなるホルモンが分泌されやすくなります。姿勢がホルモン分泌に関与する事例です。人間は、落ち込んでいても、気分が良すぎても弊害ですので、中立の良い姿勢がいいということです。

セルフ整体で姿勢矯正

以下の流れで行ってください。

姿勢チェック

姿勢チェック 画像
出典:イキイキ美姿勢ママ応援委員会

鏡を見て自分がどれに当てはまるかを観察してみてください。

 

背骨矯正方法

以下のツボを一か所につき30~60秒刺激します。気持ちいい程度に抑えてください。ツボの位置がわからなければ手の平でツボを覆って優しく刺激しても効果があります。ツボの位置は大体で結構ですので、痛い所、固い所を目安にしましょう。

委中、委陽

膝の裏側の真ん中付近と真ん中より少し外側にある二か所です。ゴリゴリがあるので、わかりやすいと思います。膀胱経に属し背中、足の裏側の筋肉を大きく緩める効果があります。

背骨矯正 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りのゴリゴリです。筋会と呼ばれ筋肉を柔軟にする作用があります。

背骨矯正 ツボ

帯脈

ヘソからわき腹にかけての直線上にありますが、場所は気にしなくて構いません。わき腹辺りにあるスジやゴリゴリを探してそれを刺激します。胆経と共に奇穴のツボでもあり、背骨の捻じれを矯正する効果があります。

背骨矯正 ツボ
出典:ツボ単

以上のツボを継続することで姿勢は改善していきます。

総括

整体師に多い相談ナンバー1は姿勢改善かもしれません。整体師にとって姿勢矯正は本当に簡単でいい商売になるのですが、真の姿勢矯正というのは、患者さんの脳が良い姿勢を楽だと感じるまで行わなければなりません。

本来、整体師は、治りきらなくなった人間の構造を元に戻すことが仕事です。したがってあなたが頑張って姿勢を維持できそうであれば、整体師の出番ではないということです。それでも整体師に頼むということは、あなたは、整体師にとって素晴らしい金づるということになってしまいます。

言葉が悪くなりましたが、姿勢改善は今回ご紹介した姿勢矯正セルフ整体で十分な効果が見込めます。これを1か月続けて効果がなければここでやっと整体師の出番となります。効果を目視するために写真や動画はしっかり撮っておいてください。そして、1か月後再確認するのです。どうですか?ウキウキしませんか?あなたの体が根本から変わるのです。

豊かな人生を送っている方は、姿勢もきっちりしています。姿勢は軽視されがちですが、非常に重要な要素なのですね。あなたの人生が輝きますよう少しでも今回ご紹介した動画がお役に立てることをお祈りしております。

スポンサードリンク