子宮内膜症のイメージ画像

不妊症、生理痛、性行痛の原因ともなっている子宮内膜症ですが、実際どんな症状で、何が原因なのか知らない方も多いようです。

そこで今回は、子宮内膜症の理解と自分でもできる子宮内膜症セルフ整体をご紹介します。

スポンサードリンク

子宮内膜症とは?

子宮内膜というのは本来は子宮だけに存在していなければなりませんが、それが他の所でも存在するようになり、その結果、不妊症の原因になったり、生理痛がひどい、性行痛があるという状態が子宮内膜症です。

子宮内膜症の症状

子宮内の子宮内膜は通常であれば、排卵期、黄体期を経て妊娠に適正な環境を作り肥大します。排卵期の子宮内膜は1cm程の厚みになります。しかし、妊娠が成立しなかった場合不要なものとして剥がれ落ち、出血します。これが生理です。

子宮内膜症は、本来は子宮だけに存在する子宮内膜が卵管や卵巣、ダグラス窩、膀胱子宮窩などにも存在することが多く本来、子宮内で起こる、子宮内膜の増殖と剥離出血を他の場所でも繰り返してしまうのです。そのため次の症状が出ます。

月経痛(生理痛)

子宮内部ではなく、子宮周辺、子宮筋に子宮内膜があると剥離出血する時に激痛を伴います。

下腹部の痛み、吐き気

腹膜に子宮内膜があると下腹部の痛みや場合によっては吐き気につながります。

肛門の痛み、性行痛、排便痛

子宮と直腸の間にあるくぼみのダグラス窩に子宮内膜があると肛門の痛みや排便痛、性行時に奥まで突かれると痛いという症状につながります。

不妊症

卵管や卵巣に子宮内膜ができ毎月剥離出血を繰り返していると組織は癒着してしまいます。そうなると卵子が通れませんし精子も着床しづらくなる可能性があります。

これらは生理の時の痛みとしても現れますが、慢性化すると生理でない時にも現れることもあります。

婦人科系の診断は様々な要因があるので、自己判断でなく病院を受診してください。

子宮内膜症の原因

上記で西洋医学的見解は述べましたので、ここでは整体的見解を述べてみたいと思います。

なぜ、子宮以外に子宮内膜が存在してしまうのか?を考えなければなりません。

血流、リンパの滞り

血流は栄養を運びリンパは老廃物を流します。この2つの循環が上手くいっていないと剥がれ落ちた子宮内膜などの処理が追い付かず子宮以外に残ってしまうということも考えられます。

構造の問題

子宮筋腫、子宮内膜症などに多いのが骨盤の角度が悪いということです。猫背、反り腰が常態化しており、そういう方は必ず生理痛がひどかったりして毎月苦しんでいます。骨盤の角度が悪いだけでなく捻じれがあると子宮自体も捻じれてしまいます。

当然血流、リンパの流れも悪くなります。

子宮内膜症の方が日常で気を付けるべき事

これ以上骨格のゆがみを助長しない生活が非常に重要になります。特に女性は気を付けましょう。

日常の癖

片足荷重、バック片掛け、足組み、ソファーにダラーと座る、体育座り、あひる座り、女の子座りなどの日常の癖を気を付ける。日常の癖で容易に骨格は歪みます。

定期的に体を動かす

事務やパソコン作業の方は夏でもエアコンの効いた部屋でじっと作業ということが多いですが、骨格も歪む上、動かないので血流、リンパも滞ります。1時間に1回でいいので、体を思いっきり伸ばしたりすると歪みはリセットされます。

冷やさない

お腹や下腹部には重要な臓器が詰まっています。ここを冷やさないことは重要です。

子宮内膜症のセルフ整体

合谷

親指と人差し指の間にあり、免疫と関係があります。

子宮筋腫 ツボ

曲池

肘を曲げた時にしわができる部分ですが、ツボの位置よりも固い部分、痛い部分を目安にして気持ちいい程度で刺激しましょう。免疫のツボでもあります。

野球肘 ツボ

三陰交

内側くるぶしから指4本分程度上にある骨際を押します。炎症のツボですが、とにかく余分なものを流す作用もあります。

この3つのツボを30秒~1分刺激し毎日続けるようにしましょう。上手くいけばその場で痛みが軽くなりますし軽くならなくても継続することで必ず効果がでてきます。

 

総括

昔の人は子宮内膜症が極端に少なかったそうです。現代人特有の病気ともいえます。

昔の人は、姿勢に厳しく、乗り物もないためよく歩く。この2つが女性の体を支えていたのだと思います。

日常の気づいた時でいいですから、癖に気を付け、仕事の合間に伸びるだけでいいですから体を動かすことを意識するだけで全然変わってきます。

更に今回ご紹介したセルフ整体を行えば完璧です。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク