産後の骨盤矯正イメージ画像

「1か月以内に産後の骨盤矯正をしないダメ」
「開いた骨盤は元に戻らない」
「産後の骨盤矯正はしてはダメ」
「産後の矯正は効果がない」
「産後の骨盤矯正はしなくてもよい」

など様々な情報が入り乱れていますが、ズバリ!今回は、産後の骨盤矯正の全貌、真実、疑問すべてに当整体院の知識、経験を織り交ぜながらご紹介したいと思います。

このブログを読むだけで適切な産後の骨盤矯正をできる整体院を選べ、更に、正しい骨盤ベルトが選べるようになり、雑誌やテレビの情報に惑わされない目利きとなれるはずなので、是非、最後までお付き合い頂きたいと思います。

スポンサードリンク

産後の骨盤矯正とは?

産後の骨盤矯正のイメージとして開いた骨盤を締めるのが産後の骨盤矯正と思われていますが、実はそれだけではありません。

骨盤は開く以外に捻じれたり、上下左右に動いたりして歪みます。

その影響は背骨を通して背中や首まで、股関節を通して足やお尻の筋肉が硬くなります。

上半身、下半身全てを調整した上で骨盤矯正するのが、本当の産後の骨盤矯正だと当整体院は考えています。

産後の骨盤矯正は必要か?

産後の骨盤は何もしなくても自然に締まっていくのが普通です。

そのため骨盤矯正を行わなくても元の体型に戻ったり、痛みなどが特になく過ごしている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、現代人は昔とは違い筋肉を使う頻度が少なくなり慢性的な筋力不足、柔軟性の低下を起こしています。

そのため開いた骨盤が閉じずらい場合があり、そのような時にズボンが履けなくなったり、恥骨や尾骨に痛みが出たりしてしまいます。

そのような場合には、産後の骨盤矯正は必要となります。

特に痛みや違和感がなく産後も順調に骨盤が閉じ妊娠前のズボンが入るようであれば、産後の骨盤矯正は必要ありません。

産後の骨盤矯正はいつから始めればいいの?

痛みや違和感などがある場合、産後すぐに行っても問題ありません。

特に問題ない場合は、1か月程かけて骨盤が締まっていきますので、その間は安静にし、1か月経った後、妊娠前のズボンを履いてみて、足の付け根の出っ張り(股関節)でズボンが引っかかったり、きつかったりする場合は、産後の骨盤矯正を受けて良い目安です。

産後でない場合

脚の付け根の出っ張り(股関節)が異様に横に出っ張っていたり、以前履けていたズボンが履けなかったり、足の外側が異常に硬かったり、尾骨、恥骨が痛い場合は、骨盤が開いている可能性がありますので、骨盤矯正を受けられると良くなっていきます。

産後何年も経っている場合

「産後○○か月以内に骨盤矯正をしないと効果がない」

と宣伝している所もありますが、関係ありません。

産後何十年でも骨盤が開いて異常を来たしているのでちゃんと骨盤は締まってくれます。

産後の骨盤矯正の効果

産後の骨盤矯正の効果に疑問を持つ医師もいるようですが、産後の骨盤矯正をすると大なり小なり以下のような効果が表れます。

妊娠前のズボンが履けるようになる

間違わないでもらいたいのは、「脂肪がその場で減る」というわけではありません。

あくまで骨盤が締まることにより、足の付け根にある出っ張り(股関節)の横の広がりが取れズボンが引っかからず履けるということです。

ウエストのお肉で引っかかる場合は、ダイエットが必要となります。

痛みが消える

骨盤が広がっていると尾骨の痛み、恥骨の痛み、お尻のほっぺの痛み、鼠径部の痛みなどが症状として出て来ます。

骨盤が締まることでそれらの症状が取れていきます。

産後のO脚が改善する

妊娠前はO脚ではなかったのに、産後にO脚になった場合は骨盤の開きによってO脚になっています。

骨盤を締めることにより、O脚もその場で改善していきます。

肩こり、首こり、腰痛などの改善

骨盤が開くと内臓が下に垂れ、骨盤の角度が変わってしまいます。

そうなると背骨が歪み、肩こり、首こり、腰痛の原因となります。

骨盤を締め本来の位置へと戻るとこれらの症状も解消されていきます。

骨盤ベルトは必要か?

通常であれば必要ありません。

ただし、痛みや違和感、骨盤が1か月以上経っても上手く閉じない方は骨盤ベルトを使用することで良い結果を出すことができます。

骨盤ベルトは種類よりも付ける位置が非常に重要になってきますので、以下をご参照ください。

骨盤ベルトの正しいつけ方

産後の骨盤矯正用ベルトを付ける際に上の方につけすぎている方が8割程います。

上につけると骨盤が開く方向になり逆効果になります。

下記の画像が正しい位置です。

産後の骨盤矯正 ベルト 画像
出典:ココロ整体院

画像や動画を見て頂けるとわかりますが、皆さんが思っているよりもずっと下になります。

上記はトコちゃんベルトになりますが、さらしでも他の骨盤ベルトでも問題ありません。

骨盤ベルトのギモン質問!

骨盤ベルトをするだけでいいの?

骨盤ベルトを閉めて終わりだとその恩恵に預かれません。

骨盤ベルトで骨盤が締まっていい位置にあるのですから、そのまま筋肉教育をしましょう。

骨に筋肉がくっついていますので、骨盤が締まっても筋肉がついてこない場合があります。

骨盤ベルトを締めるのは、日中活動している時に締め、締めたまま歩いたり、家事をしてください。

骨盤が正しい位置のまま動くことで筋肉が自然に良い状態になります。

骨盤ベルトはいつすればいいの?

基本的には日中動く時にすると効果的ですが、もし痛みがある場合や、骨盤ベルトしていると楽な場合などは、就寝中もしておいて構いません。

骨盤高位は必要?立ったまましてはダメなの?

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいますので、骨盤高位が好ましいです。

産後は、腹直筋離開やヘルニア、極度の内臓下垂でない限り立ったまま締めても問題ありません。

産後でもなんでもないけど骨盤ベルトは締めてもいいの?

問題ありません。

締めたままエクササイズなどをやると効果的です。

産後骨盤ベルトはどれくらいの期間締めておけばいいの?

痛みや違和感が消え、産前のズボンも履けるようになったらもうしなくても大丈夫です。

産後の骨盤矯正の整体院選びのコツ

産後の骨盤矯正が正しく出来、効果を発揮できる整体院はそれほど多くはありません。

ここでは、整体院選びのコツをお伝えします。

リラクゼーションではないか?

リラクゼーションは人を癒す素晴らしい職業です。

しかし、産後の骨盤矯正を適正にできるかと言うと少し方向が違うかもしれません。

骨格の歪みを判断できるか?

骨盤矯正ですから、大元の骨格の歪みや開きを判断できなければ中々骨盤矯正は成功しません。

しっかりと骨格を診てくれる所が望ましいです。

技術は何を使うか?

ほぐしなどの技術は使いどころによっては素晴らしい技術になりますが、産後の骨盤矯正においては、かなり上手にやらないと効果がでづらい側面があります。

産後の骨盤矯正の場合は、骨に直接アプローチできる矯正技術が好ましいです。

問合せをする

上記のことを踏まえ「骨格矯正ができるか?」「骨の歪みを診れるか?」「どういう技術を使うか?」を問い合わせてみてください。

良い整体院が見つかることをお祈りしております。

まとめ

産後の骨盤矯正は必要ない方もいますし、必要である方もいます。

また、骨盤ベルトを活用した方がより良い結果が出てきます。

整体では、骨盤を締めるだけでなく、前後左右に歪んだ骨盤の矯正、上半身、下半身を含めた矯正すべてを含め「産後の骨盤矯正」と呼んでいます。

女性の骨盤は産後でなくても男性よりも開閉しやすい構造であり、骨盤矯正が必要になる場合もあります。

色々な情報がありますが、今回の記事を読んで頂いたあなたであれば、適切な判断ができるようになっているはずです。

整体院選びは難しいかもしれませんが、よくホームページなどを読んでみることです。

後は、実際受けてみて

「フィーリングが合うか?」
「効果が出ているか?」

が重要になってきます。

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク