産後の骨盤矯正

近年大流行りの産後の骨盤矯正ですが、医学的には何も証明されておらず、主に整体院などで使われる用語になっています。しかし、産後のケアはお医者さんはノータッチなので、意識の高い方は、整体院へ依頼することが増えてきています。

ただ、産後の骨盤矯正を整体院へ依頼してもちゃんと出来ていないことも少なくありません。そこで今回は産後の骨盤矯正とはなに?から始まり、自分で整体院と同等の効果を出すことができるセルフ整体をご紹介します。これでお子さんのお世話が忙しい合間でもセルフ整体であなたの骨盤は万全の状態を保てます。

スポンサードリンク

産後の骨盤矯正とは?

正しい定義はありませんが、私の考える産後の骨盤矯正とは、開いた骨盤を締めるだけではなく、骨盤の捻じれや歪みを取り除くことも産後の骨盤矯正に入ります。更に骨盤だけが歪むことは絶対になく、骨盤が歪めば背骨、首、肩甲骨・・・と歪みの影響は全身に波及します。それらを全てを正常化することを総合して産後の骨盤矯正と呼んでいます。

産後の骨盤矯正をするこれだけの効果

履けないズボンが履ける

産後は通常であれば骨盤が締まっていくので産前にはけていたズボンも履けるはずなのですが、それが途中で止まってしまう人がいます。骨盤が締まりきらないのです。これには、原因がありますが、産後の骨盤矯正をすることでその場で履けるようになります。

産後のO脚が治る

産前からO脚という方はまた別のやり方が必要ですが、産後にO脚がひどくなったという方は、骨盤の開きだけでO脚になっていますので、産後の骨盤矯正してあげるとその場で改善します。

ウエストダウン

骨盤が開くということは、骨盤の下側が広がることであり、そうなると上側は狭まってしまい、ウエストのラインに影響を与えます。本来であれば、骨盤の上側は末広がりでなければなりません。産後の骨盤矯正を行えば正常化されますので、ウエストが本来の位置に戻ります。

ヒップアップ

骨盤が開いていると寸胴のようなお尻の下側が大きく見えてしまいます。産後の骨盤矯正を行うと下側は締まりますので、見た目もキレイにヒップアップします。

脚の外側が痩せる

産後の方はほぼ足の外側が太ったとおっしゃいます。実際には太ったのではなく、骨盤が開くことにより足の筋肉のバランスが崩れているだけなので、骨盤が正常化すれば脚はスリムになります。

むくみが消える

骨盤が開いているということは、全身のバランスが変わっています。そのため血流やリンパの循環は滞りがちになりむくみが発生します。産後の骨盤矯正で正常化すれば循環器は改善されその場でむくみも減ります。

尿漏れの改善

骨盤が開いていると筋肉が伸ばされ力のコントロールが出来なくなります。そうなると尿意を感じる力が薄れ、筋肉にも力が入らないため当然尿漏れを引き起こします。骨盤を締めてあげれば容易に改善します。

恥骨結合離開の改善

近年増えてきているのが恥骨結合が離れてしまう恥骨結合離開です。しかし、お医者さんでは保存療法程度しかなく、改善するまで長い人だと1年以上我慢している方もいます。恥骨結合離開は肉離れのような怪我の一種ですが、骨盤や全身の骨格を正常化してあげれば、恥骨結合の開きは無くなり痛みは改善します。

腹直筋離開の改善

産後に腹筋のど真ん中が離開してしまう症状でお腹に力が入らなかったり、産後にも関わらず妊娠中のようにお腹が膨らみっぱなしでへこまない症状がでます。骨盤だけでなく全身の骨格の歪みを正常化した上で、軽い呼吸を使ったエクササイズをやれば改善していきます。

尾骨痛の改善

ソファーや床に座ると激痛が走る尾骨痛ですが、産前にはなかった方が多く、出産に伴い増大します。妊娠中はホルモンの影響で全身の靭帯などが緩みます。その時に柔かいソファーなどに座り続ける生活が長いと尾骨に圧力がかかり、歪んで痛みを発生します。骨盤を締めることと尾骨、仙骨そのものの歪みを調整し背骨全て調整すれば痛みはその場で取れます。

恥骨痛の改善

尾骨痛と並び多い症例ですが、骨盤が歪んだ上に開いているので、恥骨に痛みが発生します。骨盤の歪みをまず取り、軽く骨盤を締めてあげればほぼ改善します。

股関節痛の改善

妊娠中から股関節が痛い方や、産後でも股関節が痛い方は骨盤の歪み、開き、股関節の角度が悪かったりまれに膝の影響も受けます。骨盤の歪み、開き、更に股関節の角度調整をしてあげればほぼその場で軽快します。

腰痛、肩こり、首こり、ひざ痛、腱鞘炎他

産後でも授乳などで、骨盤が開いている所に姿勢不良が加わり体全体に負担がかかります。そうなると様々な所に弊害がでますので、全身調整を行わなければなりません。

産後の骨盤矯正はいつからがベストか?

産後の骨盤矯正は、産後1ヶ月以内にやった方がいい!早ければ早い程いい!など様々な情報がありますが、はっきり申しますといつやろうが変わりません。骨盤の歪みはいつでも治りますし、骨盤の開きも女性であれば妊娠、出産に関わらずあるものだからです。

産後すぐであろうが、産後半年であろうが、元の正しい位置に戻るべきものは戻ります。

産後の骨盤矯正に骨盤矯正ベルトは必要か?

あくまで私の考えですが、恥骨結合離開、腹直筋離開などの特別な事例を除いては必要ありません。骨盤はミリ単位で開いたり、閉じたりしています。骨盤が呼吸していると考えて頂ければわかりやすいと思いますが、きつめの骨盤矯正ベルトは長い目で見ると弊害の方が大きくなると思っています。

ただ、恥骨結合離開、腹直筋離開の場合は、別です。自分自身の筋力自体が機能していませんので、ベルトの力を借りることも必要になります。使いどころが肝心です。

産後の骨盤矯正のいつまで持つか?

基本的に一度骨盤を締めてしまえばそうそう元に戻ることはありません。しかし、日常の生活次第ではまた歪んだり、開いてしまったりする場合があります。産後に限らず以下のことには重々注意してください。

日常の癖

女の子座り、アヒル座り、足組み、片足荷重、尾骨を敷いた座り方(柔かいソファーで座る)など

これだけです。これらを注意するだけで骨盤の歪み、開きは予防できます。

 

産後の骨盤矯正の実際

産後の骨盤矯正というネーミングですが、骨盤、背骨から始まり、肩甲骨、肩、肘、手首、指、股関節、膝、足首、踵、指先までとにかく全身を整体します。全身を正常化した上で骨盤を締めればより締まりやすくなります。

私が推奨する整体師も同様です。全身を一つの塊として捉えますので、骨盤の開きだけには捉われません。

産後の骨盤矯正のセルフ整体

今回のセルフ整体は骨を直接押し込むわけではなくツボを利用して筋肉のバランスを取り無理のない骨盤矯正を行う方法です。1か所につき30~60秒程度気持ちいいぐらいで刺激します。ツボの位置がわかりづらい場合は、手の平でツボを覆って刺激しても効果があります。

陽池

手の甲側の薬指の延長線上の手首のしわ辺りです。押して痛い所、固い所がツボです。骨盤の歪みを矯正する効果があります。

骨盤矯正 ツボ

曲泉

膝の内側のしわ部分にあります。探ってみて痛い所、固い所がツボです。特に骨盤を締める効果があります。

肝経 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りになります。外側の筋肉を緩め骨盤を締める効果があります。

骨盤矯正 ツボ

総括

産後の骨盤矯正は自分でできますし、本来であれば、自然に骨盤は元の正しい位置に戻っていきます。しかし現代人の筋力を使わない生活、日常の癖のひどさなどが積み重なり昔のように骨盤が締まらなくなってきています。

それはそれで時代の流れで仕方がないので、積極的に今回ご紹介したセルフ整体を行い改善していってください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク