全身整体のイメージ画像

よくマッサージに行って、揉み返しになったから対処方法を教えてほしいと過去に何度も言われた経験があります。意外にも揉み返しに関する知識が少ないようなので、今回は、揉み返しの知識とともに、その場ですぐできる揉み返しの対処法をお伝えします。これを見れば、「マッサージ・・・揉み返しないかな・・・」なんて心配する必要はなくなります。

スポンサードリンク

揉み返しの症状

マッサージを受けた後に筋肉痛のように痛くなる

筋肉の繊維には、一定の方向に流れている走行があります。この走行に沿ってのマッサージは比較的揉み返しになりづらいのですが、逆に走行を横断するようにマッサージをするとその瞬間に筋繊維が断裂し、筋肉痛のような症状を起こしてしまいます。

揉み返しが原因の頭痛

特に、首回り、頭蓋骨を強圧された時に起こります。血流が改善されると一時的に頭痛の症状がでることがありますが、それとは少し違います。強圧されたことにより、骨格自体も大きく動きますし、筋繊維を横断する切る動きだと筋繊維も断裂してしまい、その場は筋肉がほぐれても反動で余計に固くなります。そうなると首を絞められているのと同じ状態になり、脳に酸素供給が追い付かず酸欠状態になり、頭痛が起きる場合があります。

証明したい場合は、お勧めしませんが、頭蓋骨をハンガーやきつい帽子で締めてみてください。その内、頭痛になります。ちなみに自律神経もおかしくなるので、本当にお勧めしません。

揉み返しが原因の吐き気

揉み返しが原因の頭痛とほぼ同じ原因で起こります。以前の私の患者さんで妊娠初期のつわりだったという事例がありました。女性は、気を付けた方が良いですね。

揉み返しの原因

筋繊維の走行を横断するマッサージ

マッサージの技術や昔の腱引きという技術には、筋繊維の走行を横断するように弾いたり、揉む技法があります。これは、確かに即効性があるのですが、多用しすぎると筋繊維が損傷してしまい、筋肉痛のような痛みがでてしまいます。

強押しの指圧系

グーっと深く入りこむ指圧は気持ちいいものです。上手な指圧師がやると、手先ではなく、体全体で押すため揉み返しにならないのですが、力技で小手先で押す指圧師だとその場で揉み返しになることもあります。

強烈なストレッチ

筋繊維の走行に沿ってやるストレッチも度が過ぎれば揉み返しと同等の症状が出る場合があります。ストレッチも無理に伸ばしすぎると筋繊維が切れてしまいます。

揉み返しの予防法

マッサージ師、指圧師に遠慮せずリクエスト

当たり前のようで、皆さん遠慮してリクエストしていないようです。良い人ばかりですから是非リクエストして事前に予防しましょう。基本的には痛みがでるのはアウトです。

簡単編

マッサージ・指圧「私、揉み返しでやすいので軽めによろしくお願いいたします。」

ちょっと突っ込んだ言い方

マッサージ「筋肉を横に切る(横断する)やつやられると揉み返しになるんでなしでお願いします」

指圧「強めが好きなんですけど、揉み返しでやすいんで、調整お願いします」

施術中

マッサージ「あ~さっきのやつやられると揉み返しでちゃうんです。」

指圧「ちょっと痛いんで軽めでお願いしてもいいですか?」

こちらの希望を伝えることは重要です。以心伝心ができると思っている人が多いようですが、達人しかできません。

揉み返しの対処法

揉み返しになった時に楽になる方法があります。

さとう式リンパケアを応用

さとう式リンパケアは歯医者さんが開発した手技で、かなりソフトですが効果は絶大です。

肩の揉み返し

反対の手で肩に軽く触れ、揉み返しの手を軽く揺らす。

ふくらはぎの揉み返し

イスに座り足を組み、ふくらはぎに軽く触れ、反対の手で足首を軽く揺らす。

首の揉み返し

耳たぶをくるくる軽く回す。頭皮を掴んでゆっくりと動かす。

以上のことで、血流、リンパの流れが回復しますので、痛みも和らぎますし、回復も早くなります。しかし、炎症は起きていますので、やりすぎは禁物です。1分程度に留めておいてください。

水シャワーの活用

プロスポーツ選手が試合後に氷水に浸かる映像を見たことがあると思います。試合中の炎症を次の日に持ち越さないための対策です。揉み返しも軽い炎症ですから、氷水の必要はありませんが、水シャワーを全身に浴びると炎症が早く引きます。また、水を浴びると寒さで、交感神経が活性化し、一瞬筋肉が締まります。その次に副交感神経が活性化し、緩みます。全身の循環器系も良くなりますので、揉み返しに効果があります。一部分の揉み返しであれば、患部に冷えピタを張り、熱を抜くと良いです。

良質の睡眠

揉み返しは大部分が筋繊維の断裂が原因ですので、それを早く回復させることが必要です。人間は睡眠中に組織を回復させますので、下手にゴソゴソ動くよりも寝てしまった方が次の日、快調になる場合もあります。

揉み返し対処法NG集

湿布を貼る

湿布などは、感覚を麻痺させる麻酔みたいなものなので、弊害になります。湿布を貼って痛みが消えたからと行って動くとまた動くと原因は取れていないわけですから、余計に悪化させる場合があります。

痛み止めを飲む

脳が治そうとしている情報を遮断してしまいます。基本的には、薬系はNGです。

暖かいお風呂につかる、シャワーを浴びる

熱いお風呂やシャワーも炎症をひどくしますので、揉み返し中はNGです。冷たい水であれば問題ありません。

総括

せっかく気持ちいいマッサージを受けにいったのに揉み返しでは悲しすぎますよね。

自分の意見はしっかりと伝えること。これがまず重要な予防法になります。残念ながら揉み返しになってしまっても今回ご紹介したことを実行すれば、早く回復するはずです。散髪いったときにここをこうして欲しいと伝えますよね?伝えないとイメージも伝わりません。それと同じ感覚でマッサージ師、指圧師にも遠慮なく伝えていいんです。

良いマッサージライフを送ってくださいね。

マッサージ師、指圧師の方へ

今回の記事はあくまで、整体師としての私の目線での記事ですので、偏りを無くしたつもりですが、偏りがあるかもしれません。その点ご容赦願います。元一施術者として、マッサージ師、指圧師の方とも多く交流致しましたし、私自身、趣味で経絡指圧などを習ったこともあります。人間を治したいという同じ志を目指す者として、尊敬もしております。決して陥れる記事ではないことをご理解頂けたら幸いです。

最後に一つだけお願いがあります。患者さんが来たら是非どんどん加減を聞いてあげて欲しいです。

「痛くないですか?」「これぐらいの強さで大丈夫ですか?」

最初は聞いていいものかと迷うものですが、しつこいくらい聞かなければわかりません。患者さん側は我慢する立場のことが多く、せっかくの良いご縁が無駄になってしまいます。マッサージ師、指圧師さんには疲れる作業になるかもしれませんが、多くの患者さんがあなたの素晴らしい技術を受けて笑顔になるって本当に素晴らしいことなんです。偉そうにも私からの切なる願いでもあります。拝

スポンサードリンク