マタニティ整体

近年のマタニティ整体のブームで積極的にマタニティ整体を活用して、骨盤矯正をする妊婦さんが増えています。それと同時に妊婦さんを扱う整体院も増え環境整備が整ってきました。

しかし、実力差が激しくしっかりとマタニティ整体をしてくれる整体もあれば、ただ揉みほぐして終わるマタニティ整体と称する所も多いのが現状です。

そこで、今回はマタニティ整体の効果や目的などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マタニティ整体の目的とは?

マタニティ整体の目的とは、妊婦さんの全身の骨格の歪みを整え、骨盤を締めていく骨盤矯正を行い子供の住んでいる胎嚢の形を丸い良い形に保って住みやすい環境を整えてあげることだと考えています。

気持ちいいからと闇雲揉みほぐすのは整体ではありません。妊婦さんの場合はリラクゼーションも大切ですが、リラクゼーションをしながらも全身の骨格を整え、骨盤を締めていく骨盤矯正が出来ることがマタニティ整体の最低限行うべきことです。

子供が住む胎嚢が丸くなることで、住みやすい環境ができるわけですから、早産、逆子、先天性股関節脱臼などを防ぐことが出来るようになります。

マタニティ整体の効果

マタニティ整体はたくさんの恩恵に預かることができます。

妊娠中の股関節痛

徐々に赤ちゃんが大きくなってくるとホルモンの影響で骨盤や全身の関節が緩み始めます。そうなると体の支えが弱くなり元々歪んでいた骨格さらに歪み痛みが発生します。妊娠中の股関節痛は、我慢するしかないとお医者さんに言われるようですが、整体はどんな体勢でも施術が可能です。骨盤の歪み、開きを中心に全身の骨格を調整すれば股関節痛は改善できます。

妊娠中の恥骨痛

妊娠に伴い徐々に恥骨が痛くなってくる方が非常に多いです。しょうがないと我慢している方が多いようですが、痛みがあることは基本的におかしいことです。恥骨痛の場合は、骨盤の開き過ぎと股関節の角度が関わってくる場合が多く、それらを改善すれば、妊娠中であろうが問題なく痛みが取れます。

妊娠中の尾骨痛

股関節痛、恥骨痛とともに多いのが尾骨痛です。これもしょうながないと我慢している方が多く残念なことです。尾骨痛は、背骨全体の捻じれ、角度が関わってきており、背骨全体を調節し、それでも改善しない場合は、尾骨自体を調整する必要があります。基本的にはその場で痛みが消えます。

妊娠中の不安感、うつ感

妊娠中の不安、孤独感は男性には理解できなことでしょう。生活の不安や出産時の不安を考えると鬱症状が出る方もいます。しかし、これは実は、精神面が先ではなく体のゆがみが先なのです。赤ちゃんがお腹にいることにより、全身のバランスが崩れます。そうなると特に背中、肩周り、足回りがガチガチに固くなります。

自律神経の束は背中、首、仙骨辺りに集中していますので、ガチガチに固くなった筋肉があると交感神経優位になり、心音上昇、動悸、イライラ、攻撃的になる、血圧上昇、ほてり、むくみなどが発生ます。その情緒不安定さを第三者が見れば鬱症状だ。となるわけです。

ガチガチの筋肉の固さを取れば副交感神経が働いてくれるので、精神的にも落ち着きます。人間の構造が崩れた鬱症状であればマタニティ整体で改善できます。

逆子防止

赤ちゃんを包んでいる胎嚢がキレイな真ん丸であれば赤ちゃんは住みやすいのですが、胎嚢は、肋骨、骨盤、背骨の影響受けやすくここの骨格が歪めば胎嚢の形がいびつになります。赤ちゃんは水中に浮いているように不安定な状態です。胎嚢の形がいびつになれば当然赤ちゃんが変な体勢になるので、逆子になる可能性があります。逆に言えばマタニティ整体で胎嚢を丸くしておけば逆子防止にもなりますし、逆子になっても改善できるといえます。

早産防止

骨盤が開いてくると赤ちゃんはどんどん下に降りてきてしまい子宮頸管が短くなります。そうなると早産になる可能性が高くなりますので、骨盤の歪みを取り締めてあげることに重点おき更に全身状態を改善してあげれば早産は防げます。

先天性股関節脱臼予防

お腹に中にいる時は基本的に赤ちゃんの足は丸まってなければなりません。しかし、逆子や位置異常が起こると赤ちゃんの足は伸びっぱなしになってしまい母親の腹壁を蹴ることが出来ずに股関節周りの筋力が上手く育たず筋力バランスが崩れ先天性股関節脱臼になる可能性があります。

それを防止するためにも全身の骨格の歪みを治し、良い胎嚢の状態を保ち赤ちゃんの位置異常を防ぐことが重要になります。

妊娠中毒症の予防

妊娠中毒症は、高血圧、尿たんぱくが出ていると診断されることが多いようですが、高血圧になる原因は、妊娠による全身の筋肉の固さによる血行不良です。筋肉が固くなれば血管は狭まりますので、心臓は血圧を上げるしかなくなります。尿たんぱくは、糖尿病、腎臓の先天的疾患を除いて言えば、背骨の歪みなどによる腎臓圧迫などが考えられます。

構造が原因の妊娠中毒症であれば、改善可能です。ただ、まずは医療機関の受診はお勧めします。

むくみ改善

かつては妊娠中毒症の判定基準の一つでしたが妊婦の30%近くがむくみを発症することから判定基準から外されました。むくみは全身に起こることはなく、足だったり、顔だったり一部分です。これを考えれば、むくみの起こった所の筋肉の固さが原因だと考えることができます。

マタニティ整体は、骨格を治し、筋肉の固さを正常化するので、むくみにも大きな効果があります。

悪阻(つわり)改善

つわりの原因ははっきりわかっていません。しかし、全身の筋肉、骨格のバランスが悪くかなり滞っていることは確かでそれを改善すれば、楽になります。しかし、通常の整体のように動かすと更に気持ち悪くなるので、特殊な技術が必要になります。

肩こり、腰痛、ひざ痛、頭痛など

通常の整体で扱える疾患は、妊婦さんでも適応できます。

マタニティ整体の安全性

良いことづくめのマタニティ整体ですが、安全性も気になる所です。よく聞かれる質問に答えていきましょう。

Q 骨格を動かして赤ちゃんに影響はないの?
A 赤ちゃんは胎嚢という袋に守られそれを覆う肋骨、骨盤、背骨も筋肉、筋膜などに覆われていますので、傷つくことはありません。

Q 骨盤を締めて赤ちゃんの頭は挟まらないの?
A 骨盤に直にがっぽり挟まっているわけではないので、骨盤を締めれば赤ちゃんの頭が締まることはありません。

Q うつ伏せでやると危ないですよね?
A 整体はどんな体勢でも行うことができます。大体が横向きで行うことが多いですが、場合によって、座ったまま、立ったまま行うこともあります。

マタニティ整体はいつからが効果的?

安全を考慮し安定期以降が危険性がありません。しかし、特殊な整体技術を持っていればいつでも行うことができます。特殊な技術とは、衝撃を使わない、軽く、優しく、触れるだけで筋肉をほぐすことができ、骨格を動かせる技術のことです。刺激を避けることは最重要です。

基本的には、安定期以降とお考えください。

マタニティ整体の頻度はどれぐらいが効果的?

妊婦さんにより異なり整体の技術、考え方によって違います。痛みが強い方、逆子、切迫早産気味の方は頻度が高くなることもあります。整体の先生によく聞いて、ご自身の予算と確認しておくことが重要になります。

基本的にどこも問題なければマタニティ整体は必要ありません。ご自身の好きな運動をして、好きな生活を送ればいいと考えています。

マタニティ整体の実際

マタニティ整体は安全で効果的ですが、実際には、かなり慎重に行うことは事実です。命二人分です。

マタニティ整体の現場ではマニュアル通りことを運ぶことは絶対ありません。患者さんの症状、出来る体勢などにより整体技術を選別し安全な整体技術選択していきます。

体勢は患者さんが一番楽な体勢で行います。大体が横向きですが、なるべく体位変換はしないよう母体、赤ちゃんともに負担をかけないように行います。

総括

今回はマタニティ整体のご紹介と効果などについて解説していきました。

マタニティ整体の需要は年々増えてきており参入業者もかなりの数です。

その分優良業者を見極めるように注意しておくことが重要です。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク