変形性膝関節症

特に女性や高齢者に多い変形性膝関節症(膝OA)ですが、膝は生活にかかせない部分であるため痛さと上手く付き合いながら生活している方が非常に多く、周りが思っている以上に本人にとっては大きな問題なのです。

変形性膝関節症(膝OA)に整体は非常に有効的ですが、日常で多用する関節ですので、普段のセルフ整体というのも非常に重要な要素になってきます。そこで今回は、変形性膝関節症(膝OA)の原因や症状などの理解と変形性膝関節症(膝OA)を改善できるセルフ整体をご紹介します。簡単にでき時間もかからないので是非お勧めします。

スポンサードリンク

変形性膝関節症(膝OA)とは?

膝の関節軟骨が何らかの原因ですり減り骨同士がぶつかってしまい変形を起こすものを変形性膝関節症(膝OA)を言います。炎症で膝に水が溜まってしまったり、腫れ上がったりしてしまうこともあります。

変形性膝関節症(膝OA)の症状

変形性膝関節症(膝OA)の兆候も踏まえ記述致しました。

以下の症状があるからといって必ずしも変形性膝関節症(膝OA)ではありません。正確に診断をして欲しい場合は医療機関を受診しましょう。

軽度

・立ち上がりや動き始めに膝が痛む

・階段を上る時に膝が痛む

・自転車を踏み込んだ時に膝が痛む

中度

・膝の痛みで正座ができなくなる

・膝の痛みが強すぎ階段の上り降りが困難になる

・膝の痛みで和式トイレで完全にしゃがみ込めない

重度

・安静時にも膝がズキズキ痛い

・膝が変形してしまっている

・膝の炎症で、水が溜まる

・膝の痛みでびっこを引いてしまう

・膝が完全に伸びない

変形性膝関節症(膝OA)の原因

加齢、肥満、遺伝

西洋医学的見解

老化や肥満で関節軟骨に負担がかかりすり減るのが早くなり変形性膝関節症(膝OA)に発展します。

整体的見解

変形性膝関節症(膝OA)になっている人とならない人がいるということは、関節軟骨の問題ではありません。関節軟骨をすりへらしてしまう原因があるということです。

原因とは、姿勢の悪さや膝の捻じれなどの骨格のゆがみです。姿勢の悪さや膝の捻じれが積み重なり結果的に関節軟骨がすり減ってしまうのです。肥満や遺伝はあまり関係ないと考えています。

骨折、靱帯断裂、半月板損傷などの外傷。化膿性関節炎などの感染症の後遺症

整体的見解

私が診た患者さんで靱帯断裂と半月板損傷の手術をした方がいましたが、その方は、手術時に靭帯をきつく締めすぎたがために膝同士に適正な隙間が生まれずすり減った変形性膝関節症(膝OA)の方がいました。このことから外傷や感染症で変形性膝関節症(膝OA)になるわけではありません。処置をした後の日常生活の積み重ねで変形性膝関節症(膝OA)になるのです。つまり処置が適正にできているかが大きなポイントになります。

整体において、手術などで、人為的介入があると非常に厄介になります。それも手術ミスをされてしまっていると回復も大きく遅れてしまいます。それでも何とかするのが整体ですが、手術の選択は細心の注意を払いましょう。

日常の癖、姿勢、歩き方

これは整体の考え方ですが、変形性膝関節症(膝OA)が女性や高齢者に圧倒的に多いと考えるとあらゆる推論ができます。女性は男性よりも日常の癖が多種多様です。男性ならば足組、片足荷重、バック片掛け程度でしょうが、女性は更に女の子座り、足組を更に捻じったような捻じり足組、あひる座りなど関節が柔らかいがために色々できてしまいます。その分、骨格のゆがみ方は複雑化してしまいます。

次に姿勢ですが、試しに姿勢を悪くして歩いてみてください。普段疲れない所が疲れると思います。特に膝や足の方です。これが数十年続くとどうなると思いますか?容易に想像できますね。

このように、普段の生活の仕方が数十年後に変形性膝関節症(膝OA)になるかならないかを決める一つの原因になりますので、改めて自分自身を見直してみてください。

変形性膝関節症(膝OA)の方が日常で気を付けるべき事

これ以上骨格のゆがみを助長しない生活が非常に重要になります。特に女性は気を付けましょう。

日常の癖

片足荷重、バック片掛け、足組み、ソファーにダラーと座る、体育座り、あひる座り、女の子座りなどの日常の癖

いきなり動く

変形性膝関節症(膝OA)の場合は痛みでいきなり動けることは少ないでしょうが、筋肉の保護を受けていなときに動いてしまうと膝関節に思いっきり負担がかかってしまいます。動く時は少し足を動かしてからか時間を置いて動き始めましょう。

痛む時は安静

変形性膝関節症(膝OA)の方は痛みに慣れているので多少痛くても動いてしまいますが、痛みはサインですので、痛みが強い時は無理に動かず安静にしましょう。

最近の病院では、多少痛くとも関節を動かして血流を良くし筋力を強化することを促しているようですが、捻じれて動きづらい関節を無理やり動かした所で痛みは増すだけです。動かすのであれば、膝が動かしやすい環境を作った後です。筋力などは、環境が整えばすぐついてきますから大丈夫です。

変形性膝関節症(膝OA)のリハビリの実際

変形性膝関節症(膝OA)のリハビリは大腿四頭筋強化や関節可動域改善がメイン膝を温めたりする物理療法も取り入れられています。最近では、筋力トレーニングを積極的に行うパワーリハビリなども存在します。

整体リハビリ

整体では、上記のことは一切しません。動ける環境が出来ていないのに動かすというのは、リスクが高すぎます。まずは、膝の捻じれ、全身の骨格のゆがみを矯正し、膝が動ける状態を作ります。そうすると筋力、関節可動域全ては、自然に回復しています。

一つの物事に捉われてはいけません。動かないから動かす。では小学生でもできます。動かないのはなぜ?を考えるのが整体リハビリです。

変形性膝関節症(膝OA)の整体方法

私のやっていた方法は、患部はとりあえず放っておきます。他の指先、手首、肘、肩関節、肩甲骨、骨盤、背骨、頸椎、肋骨、頭蓋骨の矯正を始めます。変形性膝関節症(膝OA)の方は上半身ががちがちです。これは、変形性膝関節症(膝OA)をかばった歩き方が長年続いたからです。まずこれらを取り除かなければなりません。

次に、足裏、足首、股関節を矯正します。膝は全身を矯正した後の一番最後です。ここで実際に患者さんに立ってもらったりしながら痛みを確認し、痛みが残っているようであれば、座位や立位で更に痛みを追いかけていきます。

寝ている状態、座位、立位というのは、使用している筋肉のバランスが違います。日常生活は、座位、立位の割合が多いので、この姿勢のまま調整しないと痛みがぶり返してしまうことがあるのです。

私が推薦している先生方は、手技は違いますが、骨格が診れますので、全身をまず診て患部という流れで行っていきます。

変形性膝関節症(膝OA)セルフ整体

ツボ療法

1か所につき30~60秒程度気持ちいいぐらいで刺激します。ツボの位置がわかりづらい場合は、手の平でツボを覆って刺激しても効果があります。

曲池

人差し指の延長線上の肘のしわ部分で押すと痛みがあります。東洋医学的には炎症は免疫低下が原因で起こります。

ドケルバン病 ツボ

三陰交

内側くるぶしから指4本分くらい上です。炎症を抑える働きがあります。

ドケルバン病 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りになります。筋肉、靭帯のツボです。

骨盤矯正 ツボ

 

総括

今回は、変形性膝関節症(膝OA)について網羅してみました。膝は日常的に多用する部分ですので、重要な部分なのですが、意外に酷使していることに気づいていません。しかし、体はどこかに負担がかかっても絶妙なバランスで相互に協力しあいます。それに私たちが気付かないだけです。しかし、今日気付いてください。変形性膝関節症(膝OA)であれば、膝を責めるのではなくここまで頑張ってくれたことに感謝をし労わってあげてください。

あなたの体を壊しているのは実は、あなた自身です。体は怒りもせずじっと耐えているのです。けなげではありませんか。今回ご紹介した運動ストレッチ整体を是非、膝のために活用してあげてください。そうすれば少しずつ良くなってくるはずです。もちろん信頼できる整体師がいれば体を整えてもらってください。有能な整体師であれば劇的に痛みは取れるはずです。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク