ドケルバン病

スマホや携帯の使用などにより増えている症状があります。それが親指の腱鞘に起こるドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)です。主に親指の腱が痛み最近では、テーピングなどで固定している人も見かけるようになりました。

しかし、病院では、保存療法かひどい場合は手術の選択肢しかなく、仕事を現実にしている方は我慢を余儀なくされています。

そこで、今回は、悩ましいドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の原因と改善するための簡単セルフ整体をご紹介致します。これを続けることにより大きな改善につながることは間違いありません。

スポンサードリンク

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは?

少し専門的になりますが、親指側の手首には親指の腱を通すトンネルである腱鞘というものが存在します。その腱鞘の中を親指の腱2本が通っています。短母指伸筋腱と長母指外転筋腱です。その2本の腱が炎症したり、腱鞘が膨らんだりする症状がドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と言います。

他の指と違い親指の腱は2本腱鞘を通っているため症状がでやすい部位と言えます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の症状

初期

・手首にすっきりしない感じがある

・親指を動かすと少し痛みがある

後期

・急にズキッと激痛が走る

・親指を動かすと激痛

・親指付近の手首が腫れている

・寝ている時ズキズキする

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の原因

指の使い過ぎ

事務の仕事、パソコン作業などの疲労が重なると発生しますが、最近では、スマホ、携帯いじりが原因ともなります。特殊な職業では、あん摩指圧マッサージ業などでも起こります。

整体的見解

西洋医学では、保存療法、ステロイド注射、手術などで対応しますが、日帰りとはいえなるべくならしたくないところです。

整体では、積極的に指の捻じれ、手首の捻じれ、肘の捻じれを解消し、腱を真っ直ぐにしていきます。そうすれば、炎症は起こる必要がなくなり痛みも消え、腫れも消えます。

妊娠、出産、赤ちゃんの抱っこ

赤ちゃんの抱っこの角度次第では親指の腱に負担がかかりドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)を発症することがあります。

整体的見解

赤ちゃんを抱っこする時に手のひらに乗せている方がかなり多いのですが、赤ちゃんのお尻を前腕に乗せ手のひらは補助で使うだけが本来負担のない抱っこの仕方です。やり方を変えるだけでかなり大きな改善がみられます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の見極め方

フィンケルシュタインテストといいますが、これを試しても必ずしもドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは限りませんので、ご心配な場合は医療機関の受診をまずお勧めします。

フィンケルシュタインテスト

1、親指をもう一方の手で握る

2、握った親指を小指側に曲げる

これで痛みが増すとドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の可能性があります。あくまで可能性です。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の予防法

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)は予防が大事です。特に手首をよく使う職業の方は日頃から実践するだけで段違いに違ってきます。

日常の癖

座った時に腕を後ろに着く、片肘をつく、肘をクロスして机の上で寝るなどは手首に多大に負担をかけます。

疲労したら動かす

人間の骨はすぐに歪みます。一瞬です。しかし、だからこそゆがみも一瞬で治ります。疲れたと思ったらこまめに手首を振ったりしてみてください。

これだけで、その日の歪みは確実に取れます。その日の歪みはその日の内に取りましょう!

少し冷やす

その日手首を使い過ぎたと感じたら氷などではなく、水道水で指から前腕付近まで30秒程冷やしましょう。氷だと正常な細胞までダメージを受けるのでNGです。その季節にあった水道水で十分です。

 

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)のセルフ整体

ツボ療法

1か所につき30~60秒程度気持ちいいぐらいで刺激します。ツボの位置がわかりづらい場合は、手の平でツボを覆って刺激しても効果があります。

曲池

人差し指の延長線上の肘のしわ部分で押すと痛みがあります。東洋医学的には炎症は免疫低下が原因で起こります。

ドケルバン病 ツボ

三陰交

内側くるぶしから指4本分くらい上です。炎症を抑える働きがあります。

ドケルバン病 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りになります。筋肉、靭帯のツボです。

骨盤矯正 ツボ

 

 

総括

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)は、対処の仕方は一般には知られてなく本人にとっても仕事に支障を来す割りには周りには理解されにくい症状です。テーピングなどを巻いていても「スポーツでもして怪我したの?」で終わってしまいます。

今回のセルフ整体を行えばすでに痛みが出ている方も改善されるはずです。そして、痛みが消えても油断することなく、予防として継続してください。そうすれば一生涯ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とはお別れすることができるはずです。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク