オスグッドイメージ画像

思春期のお子さんをお持ち方にとって成長痛の一つである、オスグッド・シュラッテル病に悩まされている方も少なくないでしょう。病院へ行っても湿布や温めたり、電気をかけたりする物理療法で終わります。しかし、多感な思春期時代にスポーツが出来ないということはお子さん本人にとっても辛い思い出になってしまいます。

そこで今回は、物理療法などの消極的治療ではなく、セルフ整体を使い積極的にオスグッド・シュラッテル病を改善していく方法をオスグッド・シュラッテル病の原因と共にご紹介していきます。

オスグッド・シュラッテル病とは?

10歳~15歳の成長期のお子さんに好発する疾患で、膝下にあるスネの骨(脛骨)が成長に伴い盛り上がったり、変形してしまい痛みがでる症状のことです。成長痛の一種でもあります。

オスグッド・シュラッテル病の症状

代表的な症状です。以下の症状があるからといって必ずしもオスグッド・シュラッテル病ではありません。正確に診断をして欲しい場合は医療機関を受診しましょう。

初期

・運動中に膝の皿の下が少し痛む

・正座をしたりすると痛む

後期

・安静時でも痛みを感じる

・膝の皿の下の出っ張り(脛骨粗面)に熱感や腫れがある

・指で押すと痛い

オスグッド・シュラッテル病の原因

西洋医学では、成長痛で片づけられるので、成長と共に骨がしっかりとしてくれば痛みは取れるとの認識で積極的な治療はしないことが多いようですが整体では原因をはっきりとさせます。

膝の前後スライド

腿の骨(大腿骨)と膝の下の骨(脛骨)が前後にスライドすることです。特に脛骨側が前にせり出して痛みを発する場合があります。オスグッド・シュラッテル病の整体的原因はほぼこれ一つに絞られます。

オスグッド・シュラッテル病の方が日常で気を付けるべき事

成長期の大事な時だからこそ日常生活を気を付けましょう。大人程筋肉もしっかりしていません。つまり、筋肉がしっかりしていない分すぐにズレてしまうのです。

日常の癖

片足荷重、足組みなどの日常生活にでてくる癖をなるべく排除しましょう。無意識でやっている場合が非常に多いです。

スポーツ後のメンテナンス

成長期の子供にメンテナンスの重要性を伝えても中々わかってもらえないと思いますが、今回ご紹介するセルフストレッチでもいつもやっているストレッチでもなんでもいいので、スポーツで酷使して固く縮こまった筋肉を柔らかく保ってください。

日常で骨格が多少歪んでも筋肉自体に柔軟性があれば少し動けば勝手に自己矯正してくれる仕組みがあります。

お風呂に浸かるだけでは足りません。自分の体を実際に動かさなければ自己矯正はできません。

オスグッド・シュラッテル病の整体

オスグッド・シュラッテル病の方は必ず上半身や膝以外の下半身の筋肉がカチカチになっています。まずはそこから解いていかなければなりません。最後に膝を調整します。これで痛みは消えますが、日常生活の過ごし方ですぐに状態が変わってしまう時期ですので、注意が必要です。

私が推奨している整体師も同様のやり方です。必ず全身を調整します。

オスグッド・シュラッテル病のセルフ整体

ツボ療法

1か所につき30~60秒程度気持ちいいぐらいで刺激します。ツボの位置がわかりづらい場合は、手の平でツボを覆って刺激しても効果があります。

曲池

人差し指の延長線上の肘のしわ部分で押すと痛みがあります。東洋医学的には炎症は免疫低下が原因で起こります。

ドケルバン病 ツボ

三陰交

内側くるぶしから指4本分くらい上です。炎症を抑える働きがあります。

ドケルバン病 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りになります。筋肉、靭帯のツボであり膝の捻じれも取ります。

骨盤矯正 ツボ

 

総括

成長痛は時が過ぎるのを待つしかないと思ったらそれは大間違いです。運動をしているお子さんでどんな激しいスポーツしていても成長痛にならないお子さんはなりません。そこに着目しなければなりません。

オスグッド・シュラッテル病は積極的介入で必ず改善できます。その場で痛みは取れるか和らぐはずです。

今回ご紹介したセルフ整体の一部でもいいのでお子さんと一緒になって実践してみてください。整体にいかなくても骨格矯正は自分でできるんです。

もしあなたが、経済的余裕があるのであれば、有能な整体師に依頼し原因を探ってみてください。膝だけに原因があるわけでなく、骨格のゆがみ方によって何が原因がわかる場合もあります。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク