40肩50肩イメージ画像

40肩50肩の痛みはある日突然起こり、長い人では、1年ほど完治に時間がかかる厄介な症状です。炎症がひどくなると夜も眠れなくなります。しかし、病院などでは、痛み止めの注射か投薬しか方法がなく、完治までぐっと我慢している方も少なくありません。

そこで、今回は、厄介な40肩50肩のわかりやすいまとめとすぐでき、効果がでる自力整体をご紹介致します。今すぐ痛みを軽減しましょう!

スポンサードリンク

40肩50肩とは?

特に40代50代にはっきりとした原因なく肩関節の痛みや可動域制限となり現れる症状を広義に40肩50肩と呼んでいます。肩関節周囲炎とも呼ばれることがある。

40肩50肩の症状

代表的な症状です。以下の症状があるからといって必ずしも40肩50肩ではありません。正確に診断をして欲しい場合は医療機関を受診しましょう。

急性期(発症から2週間程度)

・動かすと肩が激痛

・安静にしていても肩が痛む

・寝ていても肩がズキズキ痛む

・痛みで腕が上がらない

慢性期(~6ヶ月)

・肩の激痛はなくなるが痛みはある

・痛みは少ないが腕が上がりづらかったり、上がらない

回復期(6ヶ月~1年)

・肩の若干の違和感、痛みは残る

・肩の可動域制限が少し残る

40肩50肩は回復期を経ても完璧には治らず数年経ても痛みや可動域制限が残る方が多数存在します。

40肩50肩の原因、似た症状

腱板断裂

その名の通りですが、もう少し専門的に解説すると腱板とは棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の腱から構成されています。全てが断裂するわけでなく一部です。40肩50肩と少し症状が違い腕を上げる途中で痛んだりするのが特徴です。

整体的見解

整体では、腱板断裂であっても肩関節を正常な位置に戻すと痛みが取れる事例があります。なぜ腱板断裂をしてしまったのか?それを考えなければなりません。

石灰性腱炎

肩の腱板が石灰化する症状で、突然の肩の痛みを発症する場合が多く、夕方や夜に痛みが強くなるのが特徴です。

整体的見解

肩の一部が石灰化するということは循環器系の流れで肩が特に滞りがあったということです。元々の肩の捻じれなどを解消し滞りを解消していけば石灰沈着は自然に解消し痛みも消えます。

変形性肩関節症

肩関節の軟骨の変形で、肩の腫れ、痛み、可動域がでます。腱板断裂、上腕骨頭壊死、関節リウマチ、上腕骨近位端骨折が原因とされます。

整体的見解

変形であろうが、とにかく肩関節を正常な位置に戻すことが重要です。

頸椎疾患

頸椎の疾患により、神経が刺激され40肩50肩の原因になる場合があります。

整体的見解

異論はありません。

その他疾患

リウマチ、心筋梗塞、腫瘍、内臓疾患の関連痛などで、40肩50肩と似たような症状がでる場合があります。心配であれば、医療機関の早めの受診をお勧めします。

横向きで寝る寝方

これは整体の考え方ですが、40肩50肩を抱えている方は、横向きで肘や腕を体の下に敷いた体勢で寝ることが多くこの体勢だと肩関節や肋骨に大きなゆがみが生じます。そうなると起きたら突然痛みが発生してしまいます。横向きで寝るのはいいですが、腕は体の下に敷かず前に出しましょう。

40肩50肩の方が日常で気を付けるべき事

当たりまえの事ですが、これを継続すると予防にもなります。

日常の癖

特に座った時に腕を後ろに着く、片肘をつく、肘をクロスして机の上で寝るなどを特に注意してください。肩関節は360度動く分、容易にゆがみやすい部分です。

横向きで寝た時の体勢

上記でもご説明しましたが、横向きで寝た時は、腕は、前に出します。腕を前に出すと頭が下に垂れさがってしまうので、体が真っ直ぐなるように高めの枕を当て寝てください。

動作

肩を上げた体勢で物を持ったりすると力が入りづらい上、肩に直接負担がかかります。これは、特に年齢を重ねると出てきます。普段から肩を下げに物を持つ癖をつけると良い予防になります。

40肩50肩のリハビリの実際

40肩50肩のリハビリは、肩関節の可動域を改善するストレッチをメインに、血管を拡張する温熱療法、神経を刺激する電気療法、超音波療法がメインになります。動きが出てきたら運動療法なども取り入れられます。

整体リハビリ

肩関節のゆがみをいくら治しても再発します。なぜかというと人間の体は、全身網タイツのように繋がっているからです。つまり、肩関節に障害が起きているということは、全身が影響を受けているので、全身調整をした上で、肩関節のゆがみの処置をしなければなりません。これらが完了すれば自然と可動域は上がっていますし、痛みは当然消えるのです。

40肩50肩の整体

私のやっていた方法は、背骨、骨盤をメインに矯正し、特に頸椎、指、肘、肋骨を矯正すると痛みが引く場合が多かったです。どちらにしろ足を含め全身調整は必須です。

急性期の大きな痛みだと肩関節は中々触れませんので、遠方から矯正していきます。その結果、肩関節自体に余裕ができますので、急性の痛み、夜間痛の炎症症状は消えます。しかし、細かい痛みは残りますので、微調整を何回かにわけて行わなければなりません。

私が推奨している整体師は私のようにハードな技術ではなくソフトなので、肩関節も直に調整していけます。

40肩50肩のセルフ整体

ツボ療法

1か所につき30~60秒程度気持ちいいぐらいで刺激します。ツボの位置がわかりづらい場合は、手の平でツボを覆って刺激しても効果があります。

曲池

人差し指の延長線上の肘のしわ部分で押すと痛みがあります。東洋医学的には炎症は免疫低下が原因で起こります。

ドケルバン病 ツボ

三陰交

内側くるぶしから指4本分くらい上です。炎症を抑える働きがあります。

ドケルバン病 ツボ

陽陵泉

膝の外側にある出っ張った骨(腓骨頭)の下辺りになります。筋肉、靭帯のツボです。

骨盤矯正 ツボ

 

総括

今回は、40肩50肩の原因や症状、整体的見解など、なるべく整体に偏らないように西洋医学の知識も絡めてお伝えしました。

40肩50肩の大きな痛みは急性期でも整体の効力が発揮できる分野です。しかし、その後の細かい痛みを消すには、本当にミリ単位の骨格の矯正が必要で、中々難しいのですが、今回ご紹介したセルフ整体は、急性期、慢性期、回復期全てにおいて使える技術ですので、是非お試しください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。拝

スポンサードリンク